涼しい信州高原へ
今年は冷夏で夏らしさが無い、旧盆も天気は良くなかった。旧盆明けから晴天になり熱くなりそうなので開田高原のソバ・丹生川村のコスモスを見に行こうと5:45自宅を出発し富士川沿いを北上する。
 走行距離10万キロ到達
R52の山梨県南部町でODOメーターか10万kmを示す。道端に車を止め記念撮影。3月の2回目の車検で足回りのブッシュとダンパーをビルシュタインに交換した車は快調そのもの。
 入笠湿原

↑クサレダマ・↓ヤマトリカブト
富士見町でR20を離れ入笠湿原に行く。湿原を黄色に染めるクサレダマの群生を見たかったのだが今年は花の数が少ないようだ。紫色のサワギキョウやヤマトリカブトが咲いていた。
ある雑誌で箕輪町にアサガオ畑があると知り訪れてみようと諏訪から有賀峠を越えて伊那谷に向かう。
箕輪町上古田地区にあるというアサガオ畑を探して県道203を走る、「ながたの湯」を過ぎてほど無く左下手に青く染まる畑を見つけ畑の中の農道を辿る。
 箕輪町のアサガオ畑
種苗会社と契約、種を取るために栽培しているという。品種はアメリカ原産のヘブンリーブルー、一番の見頃は8月半ば頃。青く広がるアサガオの花の海は見事である。ながたの湯で汗を流し、権兵衛峠を越え開田に向い16:40到着。

一面に咲くアサガオ

西洋朝顔のヘブンリ-ブルー

ソバ畑
  今日の走行距離:297km 今日の一風呂:ながたの湯