10/26(火)4ヶ月ぶりのくるま旅
 6月の北海道以来すっかりくるま旅から遠ざかってしまった。HPの更新もサボっていたので「どうしたの?元気?」とメールも頂いた。つたないHPだが楽しみにご覧いただき、心配してくれる方々がいらっしゃるとありがたいと思うとともに近況でもいいから更新しなければと痛切に感じる。実はTVの「ビフォアー・アフター」というリフォーム番組に影響されたわけでもないが急に思い立って築20年の自宅を今後の生活と耐震を考えてリホームした。毎日職人さんが入るので家を空けるわけにもいかず旅も4ヶ月出動無し。ようやく完成し久しぶりに信州にくるま旅に出かけることにした。生憎の雨の中、カミさんの用事を済ませて出発は15:20、今日は前泊地の道の駅「信州蔦木宿」までいつもの富士川沿いのR52を辿る。今日は火曜日で道の駅蔦木宿の温泉「つたの湯」は休み、手前の武川村の「むかわ湯」に向かったが、真っ暗、ここも火曜日が定休日だった。蔦木宿には19:10到着、休館日とあって駐車場も閑散、今日ここでP泊する車も少ない。
  
今日の走行距離:137km
今日のP泊地:道の駅・信州蔦木宿

朝採れの松茸 (四賀村・松茸山荘)

紅葉は終盤(白馬村・黒菱林道)

綺麗な紅葉(黒菱林道入口)
10/27(水) 四賀村〜白馬村
 やはりP泊車は少なく数台のみ、朝食を済ませ出発は7:30、今日は信州の松茸の産地、滋賀村を目指す。目的は松茸料理、村営の松茸山荘(0263-64-2102)に昨日朝電話したところ昼食の予約が取れたためである。3年ほど前に訪れたときは大混雑であったが平日は空いているのであろうか?R20〜R19を辿り松本からR143に入り四賀村を目指す。昼食にはまだ早いので豊科温泉・湯多里山の神で一風呂浴びる。こじんまりとした施設だが一番風呂で人は少なくユックリ寛ぐ。松茸山荘には11:30に到着、フロントの籠いっぱいの松茸が目に付く、今年は10年ぶりの大豊作とのことだ。早速松茸料理で舌鼓、満足満足!
 四賀村からR19、県道51(北アルプスパノラマライン)、R148と白馬に向かう。R19は先週の台風23号と先日の新潟中越地震で崩れて長野方面には通行止だ。白馬・和田野の森から黒菱林道に入り黒菱平を目指す、夏山リフトも終了し通行する車もない。紅葉ももう終盤、登るに連れ枯葉が目立つ黒菱平周辺は雲がかかり雪模様だ。途中で引き返し、白馬八方温泉・第二郷の湯にいく。午後2時をまわっているのに受付のおじさんに「女性は今日一番風呂だよ」とカミさんはいわれて怪訝顔、この時期は入浴客は少ないのだろうか?熱めの湯で温まった後、サンサンパーク白馬に早めの15:15到着。
今日の走行距離:162km
今日の一風呂:湯多里 山の神、第2郷の湯
今日のP泊地:
    サンサンパーク白馬