5/17(火) 伊那路花めぐりに出発
西日本くるま旅から戻り2週間、またぞろ旅への虫が疼きだした、この時季の伊那地方にはクリンソウ、ジャーマンアイリス、シャクヤクなど花の見所が多い。ゴールデンウィークも終わり梅雨前の今頃は天気も安定し静かなので訪れてみることにした。7時に出発しR1を西に向かう。島田市にある島田バラの丘公園に立寄りバラを観賞する。今日は晴天で温室の中は汗ばむほど暑い。先ごろオープンした道の駅「掛川」向かう。R1バイパスの下り線からは直接入ることが出来ず、一旦、ICを降りて戻らなければならず少し不便。上下線で駐車スペースが異なるのは高速道路のSAのようだ。コンビニも中にありなかなか便利そうな道の駅とみた。
ここから程近い菊川に友達がいるのでTELして道の駅で落ち合い、近くのレストランで一緒に昼食とする。久しぶりで話が弾み時のたつのも忘れるほど。友達と別れシブカワツツジを見ようと渋川つつじ公園に向かう。シブカワツツジは背丈6mもあり5月末あたりに直径4から5cmの紅紫色の花を着ける。県の天然記念物である。シブカワツツジの群生地は公園とは名ばかりで急なのぼりが続く山道のよう。暫く辿るがツツジは見えない。一週間ほど早かったようでくたびれ損。狭い県道から県境を越えてR152に入る。東栄町の日帰り温泉施設とうえい温泉で汗を流し、R151を北上、道の駅「信州新野千石平」に着くがまだ時間が早いため、次の道の駅「信濃路下條」二向かい17時半頃到着。きょうはここでP泊と決め夕食の準備に取り掛かる。

道の駅「信濃路下條」
   今日の走行距離: 282km
   今日の一風呂:   とうえい温泉
   今日のP泊地:   道の駅「信濃路下條」
島田バラの丘公園