7/23(月) 富士見高原のユリ
一月前はビーナスライン沿いのレンゲツツジを巡ったが今度はニッコウキスゲを見たいと天気と開花情報を調べて出かけることにした。出発は早めの昼食を済ませた後の12:10、いつものようにR52を北上する。曇り空も山梨県に近づくにつれ明るくなり青空がのぞきだした。富士見高原ゆりの里に到着する頃はすっかり晴天になり暑い。ユリはところにより見頃を迎えているが全体では3〜4分咲だろうか?一番の見頃は8月の上旬のようだ。奥の白樺林の方が見頃のようなので比較的平坦なゲレンデを下る。近くのトラックでは高校や大学の陸上部の合宿が行われている。風さわやかな高原ではうってつけだろう。白樺林の中は白、黄、橙、桃、紅と色とりどりのユリが身頃を向かえ壮観、16時近いゆり園は人も少なく吹く風も心地よくリラックス出来る。ゆり園をあとに先月と同じ白樺湖に向かう。先月と同じようにレストランで食事をし、すずらんの湯で入浴。駐車場では高原教室の中学生のキャンプファイヤーが始まった。星空の下燃え上がる炎を一緒に見させてもらった後、寝床に入る。

 今日の走行距離:180km
 今日の一風呂:すずらんの湯
 今日のP泊地:
    南白樺湖P

リフト下のユリ

ゲレンデに咲くユリ

白樺林のユリ

白樺とユリのコントラスト