10/22(月) 乗鞍高原
今年の紅葉旅は乗鞍高原からスタート。6:20出発しいつもの富士川沿いのR52ではなく朝霧高原のR139から右左田トンネルを抜け甲府南IC〜伊那ICと中央道を走る。この区間は99.9kmでETC通勤割引の100kmギリギリである。国道標識の画像収集中だが、撮り忘れたらしいR361標識をを権兵衛トンネル手前でゲット。R19から奈川に向かい上高地乗鞍林道を一ノ瀬に向かう、この林道を走るのは数年ぶりだ。雪化粧した乗鞍岳の眺望が素晴らしい。一ノ瀬のまいめの池に向かうが風があり乗鞍岳が水面に映らない。鈴蘭観光センターにいくと閑散、雪の為か?今日はシャトルバスは運休中なのだ。今日は、三本滝から乗鞍の滝巡り、善五郎滝番所大滝と順番に訪れる。多くの観光客が訪れる名所だが遊歩道の整備はいま少し。番所大滝では先月に幼児の転落事故が発生している。遊歩道の安全整備が望まれる。時間が中途半端なので上高地行きは諦め安房トンネルを抜け平湯へ、ひらゆの森でゆっくり汗を流す。R471を道の駅「奥飛騨温泉郷上宝」を経由し飛騨市神岡まで辿り、道の駅「宙ドーム・神岡」に落ち着き久しぶりに夕飯を支度する。
 今日の走行距離:333km
 今日の一風呂:ひらゆの森
 今日の車中泊地:
  道の駅:宙ドーム・神岡

上高地乗鞍林道から望む乗鞍岳

三本滝

まいめの池

善五郎滝

善五郎滝への遊歩道の紅葉

番所大滝