3/27(金)  出発
いよいよ今年のくるま旅をスタート、今年は中国地方の桜巡り、10時に出発し高速道路を西に向かい17:20米子道の蒜山高原SAに到着、雪がぱらつき寒いが明日からの高速道路1000円に備えここで車内泊。
走行距離:594km
車中泊地:蒜山高原SA
3/28(土)
  倉吉・松江・雲南

朝、スライドドアが凍り付き開かない、フロントドアから出てみると積雪はしていないが車はガチガチに凍り付いている。陽が差し暖かくなったところで出発、蒜山高原ICのETCゲートの料金表示は2100円也、喜ばしい限りだこの2年間は休日ETC1000円は存分に利用させていただく。さて今年の桜めぐりのスタートは鳥取県倉吉市の極楽寺のしだれ桜から、その前に桜の名所、打吹公園と白壁土蔵群に立寄る。極楽寺のしだれ桜は満開。カメラマンが大勢訪れている。松江・宍道湖ほとりで昼食後、千手院に向かう。ここのしだれ桜も満開だ。道の駅「さくらの里きすき」に向かう。R54沿いの桜並木も満開だ。2kmも続き桜名所100選にも選ばれている木次の斐伊川堤防桜並木も既に満開だ。雲南市の段部の満開のしだれ桜を眺め、いちじく温泉で汗を流し道の駅「きらら多伎」に向かう。
走行距離:232km
一風呂:多伎いちじく温泉
車中泊地:きらら多伎

見頃を迎え今日から桜祭りの打吹公園

倉吉市の白壁土蔵群

極楽寺のしだれ桜 樹齢100年以上(倉吉市)

千手院のしだれ桜 樹齢200年以上(松江市)

斐伊川堤防桜並木(雲南市木次)

段部のしだれ桜 樹齢330年(雲南市)