4/23(木)  高山
そろそろ荘川桜が見頃を迎えた様子だ。高山市朝日町あたりの桜を見ながら出かけてみようと6時に出発をする。R52を北上し南アルプスIC〜伊那ICはETC通勤割引を利用、権兵衛トンネル・開田高原を経由し朝日町に入る、さすがに距離がある。きまぐれな桜といわれ時々しか花を付けない、神明神社の山桜を訪れるが林の中背の高い桜で撮影には向かない。樹齢400年という神明神社の枝垂桜は枯死寸前。八幡神社の枝垂桜は折れたのだろうか無残にも切られ臼のようだ。前は道路にかぶさるように咲いていたのに残念。薬師堂、宝蓮寺の枝垂れ桜に立寄った後高山に向かい高山IC-飛騨清見ICを走り、西光の枝垂れザクラに向かう。樹齢800年・県指定天然記念物の桜は満開。午後の陽を浴び薄紅色に輝き素晴らしい。知られていないらしく訪れる花見客も少ないが是非見たい桜である。存分に堪能した後、荘川桜に向かう。桜が見え初めてがっかり!なんと今年は極端に花数が少ない。蕾もなく花は開いているのでこれでも満開。駐車場もまばらで花見客も少ない、皆、桜の咲具合は把握しているようだ。道の駅・桜の郷荘川併設の温泉は今日は定休日なので新しくできた温泉のある道の駅・飛騨白山に向かう。

・走行距離:416km
・一風呂:大白川温泉 しらみずの湯
・車中泊地:飛騨白山

法正寺のシダレザクラ

無残に切られた八幡神社の枝垂桜

薬師堂の枝垂れ桜

宝蓮寺の枝垂れ桜(400年)

西光寺の枝垂れザクラ(800年)

花数の少ない荘川桜