9/23(木)
 湧別-小清水-ウトロ

昨夜も道の駅「チューリップの湯」は昨今のブームを裏付けるように車中泊の車で一杯だった。今日は湧別役場裏の町民憩いの広場で行われる、産業まつりに出かける。知り合いの農場経営のKさんも出店されるとのことなので、会場前にご挨拶に訪れ再会を喜ぶ、奥様には持参したささやかな手土産を渡す、喜んでもらえてよかった。その後はまつり見物。漁協直売のホタテやサケが安く、兄弟たちに送る。物よりも送料のほうが高くついてしまった。それなら別な品物を入れようと物色に行ったが既に売り切れていて残念。メインのイベントは400匹のサケのつかみ取り、小中学生と女性が参加できる。皆ビショビショになりながら歓声を上げサケを追い回していた。楽しそうだが風邪をひかなければいいのだが。祭りを午前中で辞しウトロに向かう。ウトロ近くの遠音別川ではカラフトマスが産卵のため遡上しており、大勢の人が見物していた。夏には落石で閉鎖されていたオシンコシンの滝も見学が再開されていたが傍までは近づけず入口から見学するだけ、秋では水量も少ない。ウトロに到着し、夕陽台の湯で入浴し道の駅「ウトリシリエスク」に落ち着く。ここも車中泊の車で一杯だ。
 今日の走行距離:168km
 今日の一風呂:夕陽台の湯
 今日の車中泊地:
 道の駅・ウトロシリエスク

ホタテの直売

サケの直売

種々のアトラクション

メインイベントはサケのつかみ取り

遠音別川のカラフトマスの遡上

落石で傍まで行けないオシンコシンの滝