4/3(水)  山梨 所用も済み、今日から桜巡りを再開。満開から日が経つのと昨夜来の雨で花が落ちて遅いのでは思いながら、雨も午後からあがるとのことで、10時少し前、山梨県東部に向かう。御殿場から河口湖を経て笛吹市の称願寺に向かう。ここの桜はヤマザクラの変種で葉と花が一緒に出るのとめしべが長いのが特徴という。花を見ると特徴が良くわかる。葉が出ているので終りと思ったら7分咲きほどだった。次は八代町のふるさと公園にあるという甲州蚕影桜へ古墳の前にある桜は2本で染井吉野、桃の花まつりが開催中で高台のこの公園からはの眺めはピンク色一色だ。ここから甲州市の慈雲寺のイトザクラに向かう。既に見頃は過ぎていた。駐車場係に聞くとここの見頃は東京の染井吉野が開花宣言した日から10日目という、いいことを教えてもらった参考にしよう。フルーツライン沿いの八坂神社のエドヒガンに行く。巨木がひっそりと咲いていた。次は山梨市牧丘町を桜めぐり、この辺りは古木が多い。城下のシキザクラと西念寺のシダレザクラを辿っていたら、途中で黒戸奈神社の唐土櫻(樹齢100年以上)や萬勝寺のシダレザクラ(樹齢50年程)を発見。今日最後は室伏のヤマザクラ。乙ヶ妻のシダレザクラの300m程先なのにその存在を知らなかった。ブドウ畑の奥に咲いていたヤマザクラは幹先端が折れたすごい形相に圧倒された。一般道を六十数km、温泉のある道の駅「信州蔦木宿」に向かい18時到着。10時過ぎに出発した割には10本の桜に出会うことができ満足な一日だった。
       今日の走行距離:188km  今日の一風呂:つたの湯   車中泊地:道の駅「信州蔦木宿」

称願寺のサクラ(笛吹市)

甲州蚕影桜(笛吹市)

周林禅寺のイトザクラ(甲州市)

八坂神社のエドヒガン(甲州市)

城下のシキザクラ(山梨市)

黒戸奈神社の唐土櫻(山梨市)

西念寺のシダレザクラ(山梨市)

萬勝寺のシダレザクラ(山梨市)

室伏のヤマザクラ(山梨市)