7/21(月) 釧路・鶴居・標茶・弟子屈  6:30の出発だったので53km先の道の駅「しらぬか恋問」には7時半過ぎの到着。朝ドラを見終えてから出発。今日は暫く訪れていなかった「釧路湿原めぐり」。最初に訪れたのは釧路市湿原展望台、展望台は9時オープンなので遊歩道をサテライト展望台まで歩く。「熊出没注意」の木々の中の遊歩道は何となく気持ちが悪い。展望台で湿原を眺めた後、恩根内ビジターセンターに向かい湿原探勝路を少し散策する。次のコッタロ湿原展望台に向かう途中に丹頂鶴の親子を発見、子供は薄茶色の姿だ、珍しい出合いなので暫く観察。コッタロ湿原展望台は階段の何段も登った高台、寄る年波に勝てず息を切らして登る。ダートを走りサルボ展望台に向かうが閉鎖されていた。最後は細岡展望台。丁度昼なので細岡ビジターセンターで軽食。細岡展望台からは曲がりくねった釧路川が見え隠れし、川を下る赤いカヌーが時折見える。釧路湿原めぐりを終えて駐車場に戻るとなんと私達と同型のエルグランドキャンパーが並べて駐車してあった。我々の車より2〜3年新しそうだが外観はとても綺麗だ。オーナーとお話をと暫く待つが戻られないのであきらめて出発。R391「摩周街道」を弟子屈の道の駅「摩周温泉}に向かう。暫らく休息し摩周大橋を渡ったところにある、ペンションBiraoに入浴に向かう。浴槽は小さいが露天風呂もあり、お湯も良く満足。
   ・今日の走行距離:142km  ・今日の一風呂:ビラオの湯  ・今日の車中泊地:道の駅「摩周温泉」

道の駅「しらぬか恋問」の恋が叶うポスト

釧路湿原・サテライト展望台

恩根内の湿原探勝路

探勝路で見つけたホザキシモツケ

途中見つけた丹頂鶴の親子

コッタロ湿原展望台より

踏切で出くわしたノロッコ列車

釧路川を下るカヌー(細岡展望台より)

並べて駐車してあった同型車