8/1(金)  北竜・増毛・留萌・富良野・歌志内   今日は天気が良く暑くなりそうだ。朝一番の涼しく、混んでない時間帯に北竜ひまわりの里に向かう。さすがに7時を過ぎたばかりの時間では写真撮影の2人がいるのみ。満開になったひまわりをあちらこちらから眺める。さすがに日本一とされるひまわり畑は広大で、見渡す限り一面黄色だ。500m程の所にある道の駅「サンフラワー北竜」の入口の北竜門は2頭の竜が出迎える。中の建物も西洋の古城のような外観でユニークだ。大型車駐車場に「日本列島夢の旅」と大書きされた大型バスを改造したキャンピングカーが目を引いた。岐阜県からの方で9人乗り・全長11m超、車体重量15ton・水1tonと荷物を満載すると総重量17tonを越えるという。昨日飛行機でやってきた娘さんとお孫さん総勢6名のくるま旅のようだ。お孫さんたちは元気にはしゃいでいた、こんな旅はきっと良い思い出になることだろう。留萌に出て増毛に向かう。カミさんの目当ては國稀酒造の「酒ハンドクリーム」女子会?仲間では評判という。今回は本日から発売された「酒洗顔ソープ」を見つけ求めていた。こちらの目的はウォーキングガイドに載っていた「老桜」。全国の一本桜を追掛ける身には気になるところ、秋田藩増毛元陣屋跡で発見。陣屋建設時エゾヤマザクラを植えたもので樹齢120年程という。満開はGW頃、一度咲いている姿を見たいものだ。留萌に戻り「蛇の目寿司」に行く、営業時間は11:30〜と思っていたら11:00〜に変わり店内はもう混雑、久し振りに21貫のスペシャル寿司に挑戦、大満足でした。これで2500円+税とはコスパ抜群。帰宅する日が8/9と決まったので富良野の福田メロンにメロン送付手配に向かいついでに食す。やや小ぶりなのでハーフカット300円、相変わらずの美味だ。こんなに食べたのでは夕食は無理かも。富良野を後に歌志内に向かい温泉のある道の駅「うたしないチロルの湯」に落ち着く。
   ・今日の走行距離:253km  ・今日の一風呂:うたしないチロルの湯  ・今日の車中泊地:道の駅「うたしないチロルの湯」

北竜ひまわりの里(入口付近)

北竜ひまわりの里(中程)

北竜ひまわりの里(パークゴルフ場から)

道の駅「サンフラワー北竜」入口の北竜門

古城のような建物はホテル・売店・温泉

大型バス改造のキャンピングカー

国の重要文化財 旧商家 丸一 本間家

最北の醸造所 國稀酒造

気になっていた増毛の老桜

留萌・黄金岬

蛇の目寿司のスペシャル寿司(21貫)

3時のデザートはふくだメロン1/2カット