船原小学校跡地のシダレザクラ

船原小学校跡地のシダレザクラ

韮山反射炉とサクラ

端午の吊るし雛飾り(土産物店に展示)

狩野川さくら公園

狩野川さくら公園
3/31(火)  中伊豆 
バイキングの朝食後、8:00と早めのチェックアウト。伊豆市小下田の最福寺桜を見に寄るがまだ咲き始めたばかり見頃は4/10頃だろう。伊豆西海岸の国道136号沿いのソメイヨシノは満開だ。海越しに富士山が望めるのだが霞がかかりぼんやり見えるだけ、やはり空気の澄んだ冬場の景観にはかなわない。土肥から船原峠を越える。船原峠から下ったところに以前から気になっていたシダレザクラがある。船原小学校跡地の入口法面に咲くシダレザクラだ。樹齢100年以上のシダレザクラが3本並んで立ち一本のシダレザクラのように見える。この辺りではなかなか見応えのある姿の美しいサクラだ。ライトアップも行われているようだ。伊豆の国市に入り韮山の反射炉に向かう。春のこの時期訪れるのは久しぶりだ。満開のソメイヨシノの上に反射炉の煙突が聳え立つ景色は様になる。近くの土産物店の2階では端午の吊るし雛飾りを展示してあった。カミさんも現在、孫のために製作中なので気になるようだった。今日午後には作り方を教わりに行きたいとのことなので狩野川さくら公園で見頃を迎えたソメイヨシノを眺めたのち昼前の早めの帰宅となった。桜の時期には地元に居ることが少ないのだが地元の桜を久し振りに訪問して周り堪能した。

    ・今日の走行距離:78km