臥龍桜


岐阜県高山市一之宮町亀ヶ原226-2
●江戸彼岸桜
●樹齢1100年 樹高20m 幹周7.3m
  枝張り 30m
幹枝の形が龍の臥した姿に似ていることから「臥龍桜」と名付けられた。枝が垂れて地につき発根、母樹よりの養液がいらなくなり、そこまでの部分が枯損したため二本のように見える。幾度の枯死状態からも、たくましく復活した大樹である。昭和48年、国の天然記念物に指定されている。

2006/5/2 13:30


2006/5/2 13:35


戻る