新住のシダレゼクラ(彌三吉桜)


奈良県吉野郡下市町大字新住
●枝垂桜
●樹齢 200年
下市町新住に樹齢200年ほどのシダレザクラがある。 江戸時代、この場所は北麓の宮前寺と専念寺、東麓の願行寺との共同墓地であった。 新住村に住む谷車彌三吉氏が、墓地に眠る両親の墓標が朽ちても埋葬した処がわかるようにと植えたものと伝わる。 平成19年、孫の真澄氏が祖父の思いを尊重して「彌三吉桜」と命名した。

2018/4/7 9:17 (葉桜)


戻る