樫辻の女姫桜


奈良県五條市樫辻町
●枝垂桜
●樹齢 200年
かつてここに、浄土真宗の立派な寺院が建っていたが、昭和26年火災にあい焼失した。旧寺の東側には二階建のお堂があって、その一階が寺小屋として使われており、その後、簡易科教場または樫辻分教場となったが、明治31年、当分教場は廃止となった。この敷地跡に、大木となって残っているのが「女姫桜」で、鶴谷氏の先祖善臣が十五才の元服を記念して植えたと伝わる。

2018/4/7 13:56 (散り終り)


戻る