黄門桜


千葉県匝瑳市飯高 飯高寺
●山桜
●樹齢 300年
●樹高 7m 幹周 5.5m
 
黄門桜は元禄11年(1698年)に水戸黄門が飯高寺(飯高壇林)へ訪れたことを記念して植えられた並木桜のうち唯一現存する由緒ある一本桜である。 幹周り5.5mm 樹高約7m 枝張り約16m。 山桜の一種で、葉の芽吹きと共に開花する、開花時期はソメイヨシノより1週間程遅れる
昭和48年7月、旧八日市場市の天然記念物に指定されている。

2010/4/14 15:02(葉桜)


戻る