真鍋のサクラ


茨城県土浦市真鍋4-3-1 真鍋小学校
●染井吉野
●樹齢 100年
●樹高 15m 幹周4m
●枝張 最大のもの20m
 
真鍋のサクラは,明治40年に真鍋小学校が移築されたときに卒業生が記念に植えたものである。その時には,運動場の南縁土塁上に植栽されたが,その後運動場拡張に伴い土塁が撤去され,5本のサクラが現在の運動場中央に残ったものである。 毎年,入学式の翌日,新一年生を歓迎してお花見集会が開かれ,児童約千人が満開のサクラを囲んでゲームやダンスを楽しむ交歓風景は,春の息吹を感じさせる。昭和32年1月、県の天然記念物に指定されている。

2010/4/14 9:30(落花盛ん)


戻る