二十三夜尊の桜


茨城県日立市十王町高原
●山桜
●樹齢 不詳
  樹高 20m 幹周 3.7m
県道60号線・十王里美線では最も大きい桜である。根本近くには二十三夜尊の碑が建てられている。樹勢はよく下枝は道路脇の堤に届くほど垂れ下っており盛花期は見事な姿を見ることができる。根本から2本に分かれ、主幹の目通り幹周りは約3.7m(分幹約2.8m)、枝の広がり東西約28m、南北約16m、樹高約20m、樹齢は不明。地元の人々に「二十三夜尊の桜」と呼ばれ親しまれている。

2016/4/9 11:03(蕾)


戻る