国立栃木病院のしだれ桜


栃木県宇都宮市中戸祭1丁目10-37
●枝垂桜
●樹齢不詳 幹周 3.5m

 
明治41年(1908)、宇都宮陸軍衛戍病院として創設され、その後、分院や統合を経て、昭和 21年に、国立栃木病院となり、更に昭和25年に、日本医療団宇都宮中央病院を併合した。現在は独立行政法人国立病院機構栃木病院と称している。正門を入った右側にしだれ桜があり訪れる人たちを楽しませている。

2012/4/15 15:38(葉桜)


戻る