若宮八幡神社のエドヒガン


山梨県北杜市白州町白須1598
●江戸彼岸桜
●樹齢 不詳
道の駅「はくしゅう」の隣の林の中に若宮八幡神社がある。武田家代々や地域の武将たちの崇敬深く栄えたが、武田家の滅亡とともに衰運の一途をたどたという。神社は高台にあり法面から2本のエドヒガンの巨木が杉林を避け太陽を求めるように斜めに幹を伸ばす。

2015/4/3 13:10(満開)


戻る