高照神社のしだれ桜


青森県弘前市高岡
●枝垂桜
●樹齢 300年
●樹高 16m 幹周 2.76m
高照神社は、弘前藩4代藩主・津軽信政公を神式で埋葬するために、5代藩主・信寿公が、正徳元年(1711)に廟所を、翌年には本殿などを建立。拝殿脇にしだれ桜があり、信政公が大星神社再建の時、植えたとされるしだれ桜が持ち込まれたとされる。平成10年11月、旧岩木町の天然記念物に指定されている。

2013/5/5 12:37(未開)


戻る