飯盛山の太夫桜


福島県会津若松市一箕町八幡弁天下
●江戸彼岸桜
●樹齢 300年
●樹高 13m 幹周 2.3m
白虎隊記念館の左側の法面に立つエドヒガン。寛永3年1626)蒲生忠郷在城の頃、いつき太夫という名妓が、花見の頃この辺りで兇徒のために殺害され、弟の南秀という滝沢南岳院の法師が、姉を弔うために墓側に植えられたといわれている。そのため桜は太夫桜といわれるようになり、現在は二代目と伝えられている。
 昭和43年9月、市の天然記念物に指定されている。

2013/4/28 7:22(散り終り)


戻る