野付の千島桜


北海道野付郡別海町尾岱沼塩見町
       野付小学校
●千島桜
●樹齢 100年
国道244号沿いの野付小学校にあり、明治39年(1906年)頃、野付半島から当時3年生の小学生3名が小船で3本を運搬し現在地に植樹したもので、そのうちの一本が現在の桜であり、ここで学んだ人々の思い出の桜となっている。樹高、枝張りが大きく日本最大の千島桜といわれている。昭和56年11月、町の天然記念物に指定されている。

2009/5/13 13:34


戻る