樫内の駒止桜


岩手県宮古市田老古田130
●霞桜
●樹齢 不詳
国道45号から林道を西へ辿ること1km強、最後は荒れたダートになる。道脇に看板があり、左側の小路を60m程歩いた右手法面に柵で囲まれた若木がある。
江戸時代、交易に訪れた江戸の商人と花街の娘との恋の物語があり、娘が病死した事を知り悼もうと馬で向かったところ、桜の木の前で馬が止まり動かなくなった。桜の傍に娘の墓があったという。そのことから「駒止桜」と呼ばれるようになったという。現在の桜は昭和期に火災にあい、焼けた株から出た芽が成長したもの。昭和29年、市の天然記念物に指定されている。

2016/4/21 7:11(蕾)


戻る