8/5(火) 伊達・白老・鵡川・苫小牧   昨夜からの雨が強くなったり弱くなったり降り続く、北海道は大雨注意報がでるなど意気消沈、移動メインの我々としては辛い。おまけに疲れもたまってきた。7日に苫小牧から北海道を離れる予定だったが、フェリーの空室を検索すると本日のステートBに空きがある。電話で変更手続し急遽、北海道を離れることにした。そうと決まるとグルメの虫が騒ぎだす。気になっていた洞爺湖温泉・岡田屋の人気スイーツの「白いおしるこ」に向かう。この地特産の大福豆と牛乳で作ったしるこ。想像とやや異なり、ミルクに白玉が浮いているような感じだった、もう少し濃さが欲しい感じだ。伊達の道の駅「だて歴史の杜」に向かう。いつも立寄るのだが「物産館」に立ち寄るのは初めて地元野菜や土産物が豊富な所だ。白老の虎杖浜に向かい名産のたらこで昼食。久し振りにたくさんのたらこを食べた感じだ。食後は白老のアイヌ民族博物館「ポロトコタン」へ行く。ここではアイヌ民族の楽器「ムックリ」の演奏。アイヌ民族を代表する古式舞踊 「イオマンテリムセ」が毎時15分から公開されている。「ムックリ」の演奏では口と声を上手に使い色々な音色が出るのに驚かされた。苫小牧を通り越し、道の駅「むかわ四季の館」に向かう。入浴と休憩後、新日本海フェリー苫小牧ターミナルに向かい、夕食を摂りながら乗船時間を待つ。
   ・今日の走行距離:158km  ・今日の一風呂:四季の館・フェリー内  ・今日の泊地:新日本海フェリーしらかば

洞爺湖温泉 岡田屋

人気スイーツ 白いおしるこ

海鮮工房 たらこ屋 虎杖浜のたらこ丼

ポロトコタン 全高16mのコタンポルクル像

白老ポロト湖

ポロトコタン藁葺きの家「チセ」

アイヌ古式舞踊

アイヌ楽器演奏

アイヌ楽器「ムックリ」の演奏